生命保険で見落としてはいけない項目

生命保険を契約する際には

生命保険を契約する際には、ついつい保険料と保険金額にだけ、目がいきがちです。

しかし、生命保険で最も見落としてはいけないものは、それよりも保険内容の免責部分ではないかと思います。
たとえば、契約何ヶ月以内に発症した病気は対象外となっていたり、この病気は対象外というように指定があったりします。そのような免責部分については、普段はあまり気にしないのかもしれませんが、実はそれが大きなネックになる事もあります。
契約何ヶ月以内に発症した病気は対象外となっている場合に、その間にもし病気になって死亡したとしたら、せっかく保険契約をしたばかりなのに、全く保険金はもらえないのです。
これでは保険を掛けても悔しい気持ちになるばかりでしょう。
たとえば、以前の保険を契約して新しい保険に乗り換える場合には、以前の保険を解約する日と新しい保険を契約する日を若干だぶらせればよいのです。
そのように、少しのことを注意することで、万が一のリスクを回避することが可能です。