生命保険で見落としてはいけない項目

保険で見落としてはいけないのは

保険で見落としてはいけないのは、生命保険の死亡時にもらえる金額です。
病気と事故では保障額が違うものもあり、理由に関わらず同じ金額が出るものもあります。
それと、生命保険の場合、必要な保障額がずっと同じではないことも覚えておきましょう。子供が社会に出るまで、定年退職を迎えるまでなど、ライフステージによって必要な保障額は変わっていきます。たいていの場合は、必要な保障額は右肩下がりになっていくものです。
それも加味して考えてある保障であるかを、しっかりチェックしましょう。
それと、受取人を誰にしているかがとても重要です。
多くの人は配偶者や子供を指定していますが、税制面も考えて受取人を誰にするのかは一番大事なのでよく考えましょう。
また、保険の契約日がいつからになるのかも見落としてはいけません。保障が開始する日は、保険会社によって様々です。
見直しで保険に入った安心感で、それまでの保険を解約するのなら、必ず保険の保障開始日は見ておきましょう。