生命保険で見落としてはいけない項目

医学の進歩と並行して、保険の種類も多く複雑になってきています

医学の進歩と並行して、保険の種類も多く複雑になってきています。自分にはどの保険が必要なのか、しっかり見極める必要があります。一般的に保険に加入しようとする時は、まず保険の種類を選びます。万が一の保障を厚くするのか、医療保険を充実させたいのかなど、人によって選び方は異なります。
病気やケガをした時の治療費や入院費は備えておきたいものです。
1日いくらという保障額や、払いこむ保険料について色々な商品を比較検討する人は多いです。

ただ見落としがちなのが、入院日数です。
保険料の安い手軽なタイプは入院日数が60日型と短いものが多いです。
一般的なのが60日や120日ですが、長いものでは1000日というものもあります。保険料は高くなりますが、長期にわたる入院には安心です。

また退院してから180日以内で再入院した場合、同じ病気なら同一入院とみなされることも忘れてはいけません。入院は短くなる傾向にありますが、入退院を繰り返すような場合には、保険の日数限度も影響することを考慮した方がよさそうです。